渡るセケンはツナワタリ by サルーキ=・チヨ

cropped-img_chiyo_top-1.jpg

 

パーソナリティはロックバンド「サルーキ=」のボーカル・チヨこと、千代延大介氏。
ご自身の歩み、現在の活動、そしてイエス・キリストとの出会いなどをお話くださった13回シリーズの番組です。

サムエルさんとは何もかも違うチヨさんですが、だからこそCCMの世界の広さを知っていただけたらと思います。
一人ひとり違うここに神さまの大切なお心があるんだと思うからです。

こちらのページでは、その全回の放送をまとめていつでもお聞きいただくことができます!
ぜひお楽しみください〜♪

 

cropped-12922319_1036848229713147_516695470_o.jpg第1回 第一次。千代延大介ブルース>>
島根県で生まれた少年・千代延大介。歯科医の息子で、学級委員長にスポーツ少年団長。そんな絵に書いたような順風満帆の日々が突如崩れ始めて・・・

 

CCF_000043第2回 音楽ってすげぇな。>>
愛と平和―それが昔も今も、ボクの中のテーマ。

 

CCF_000029第3回 はみだし者でかまわない?>>
街で一番の進学校へ行くことになったオレ。周りがみんな、勉強するために生まれてきたような人たちに見えてしまって。「何のために勉強しているんだろう。これでいいのかな・・・?」そんな時出会ったロックは、オレにとってイエス・キリスト。

 

CCF_000050第4回 一匹狼の失敗>>
高校の球技大会のときに、全然不良じゃないヤツがタバコ吸い始めたら、何人か吸い始めちゃって・・・。オレは、くだらねえなくらいに思ってた。そしたら・・・・

 

CCF_000003第5回 人の気持ちなんてそんなもんだよ>>
「夜明け前」の本当の意味は、「一番深い夜の谷」って意味らしいんだ。世の中、友達、自分自身、みんなどんどん移り変わってく・・・

 

CCF_000033第6回 じゃあ、やらないほうがいいのか?>>
人と関わることって、勇気がいる。それに、人間みんないろんな都合がある。オレも、バンドマンとして睡眠時間を削ってバイトしないと・・・そんな状況だから、人に親切になんてできないと思ってた。ある日・・・

 

CCF_000028第7回 こんなはずじゃなかったのにな・・・>>
歯科医を目指して大学にもなんとか現役合格。でも、本当は僕にはやりたいことがあって・・・

 

CCF_000052第8回 モヤモヤの日々>>
楽しかったアメリカ留学。人種や国を超えて心が通じ合う喜びや、一緒にアメリカに行って新しくできた日本人の友達との交流。でも、帰国して戻ってきた日常に真剣に向かい合えなくて・・・・

 

CCF_000005第9回 「金か、音楽か、安定か」>>
「誰でも疲れてる人、重荷を負っている人は、私のもとに来なさい。私が休ませてあげよう」という聖書の言葉を当時知っていたらどうなっていただろう。あの頃は、人生の大事なものを探して、とにかく悩んでた。

 

CCF_000021第10回 とにかくナメられちゃいけねえ。>>
東京に来て、一生懸命友達を作ってた。みんな明るい人達だったけど、本当は話したいことがあったんだ。そんな中で、故郷から届いた報せはあまりにもショックで・・・

 

CCF_000020第11回 そして、陽だまりに出会った>>
人生を変える出会いは、思いがけないところで訪れる。ある日、ライブハウスで一緒に演奏したのは、どこにでもいそうな普通の女性シンガー。でもその普通さになぜだか惹かれてしまって・・・

 

CCF_000022第12回 だけど、イエス・キリストはホンモノ>>
洗礼前日、いつもの路上ライブで偶然立ち止まった女の子が突如はじめた身の上話。死を覚悟する彼女に知ってもらいたかったこと。

 

CCF_000025最終回 晴れたらアーメン、雨でもハレルヤ>>
クリスマス、路上ライブで誰も立ち止まらなかった夜があった。だけど、そうだとしても歌い続ける理由。
サルーキ=チヨの活動にかける思い…

 

プロフィール
千代延大介(ちよのぶ・だいすけ)P1150372_face
ロックバンド「サルーキ=」のボーカル・チヨ。
サルーキ=は2001年、ルーツも出身地も違うメンバーが路上ライブを通して出会い、結成。
東京・吉祥寺を拠点に活動をスタート。バンド結成当初から、「音楽を通して世の中にもっと愛を!」をテーマに、自身の音楽を「ロックンフォーク」と名付け、バンドスタイル&アコースティックスタイル両方で活動中。

公式ホームページ http://saluki.tv/