第4回 心のオアシスがあった場所

 今日は、Graceという曲をご紹介しますが、
Grace(=恵み)というのは、僕にとっては、大地に降り注ぐ雨、渇いた心を潤す雨のようなものだと思うんです。僕は、これまで何度も、
自分の育った環境だったり、自分の信じているものに対して、反発しようとしたり、逃げようとしたり。
そこから目を背けてしまって、つまずき倒れて、疲れてしまい・・・・アメリカで、初めてクリスチャンの親を離れての大学へ行っていた時も、
自由奔放に生きてみたいという思いがあって、何となく荒んだ毎日を過ごしていたんです。

sos_img04

そんなある日、クリスチャンの友達が祈ってくれた時、心が潤されて、爽やかな風が吹くような体験をしたのです。

「僕が本当に必要なものは、ここにあったのか」

ときに、恵みを破り捨てて、自分でも何かもう着地点が見当たらないまま、ずっと低空飛行を続けているような感じがしてしまう。
でも、自分が失敗するたびにやっぱり僕の必要としているものは、神様の恵みなんだと気づかされ。

イエスは立って、大声で言われた。
「だれでも渇いているなら、わたしのもとに来て飲みなさい。
わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる。」
(ヨハネ7:37〜38)

「心の奥底から、生ける水の川が心から溢れ出る」
・・・すごいこと、素晴らしいことだと思うんですね。

本当の意味の心のオアシスというのは、実は、すごく近いところにありました。

 

第4回「心のオアシスがあった場所」
(本日の曲♪「Grace」「Movin’On」)

再生ボタンをクリックすると、番組をお聴きいただくことが出来ます。

 

web_nabetani_bannar2
サムエルさんの活動をいつも影で支えるマネージャー・鍋谷さんが
知られざるエピソードや内に秘めた思いを当サイト限定公開!!


番組への感想をお待ちしています

番組名「Silence of Sound」 とは、「音の静寂」。

この言葉にサムエルさんは「心の声」という意味を込めたのです。

あなたの「心の声」をぜひお寄せください。

 ご感想はこちらから>>