第3話 目に見えるものより・・・

 東日本大震災後に、気仙沼でのコンサートが終わった時、
ある女性の方が僕のもとに来て、彼女の体験を話してくれたんですね。
その女性の方は、目の前で、自分の住んでいた家と家族、友人が流されてしまったそうです。
そんな壮絶な体験をされて、僕の「Believe in Love」という曲を聞きながら、その時の痛ましい光景が、また目に浮かんだそうなんです。
でも、曲を聞きながら、家族が目の前で津波に流されるような、そんな想像を超えた辛い光景を目にしながらも、そこにも神様が共にいてくださったんだということを感じることができたと、そうおっしゃってくださいました。
その話を聞いて、僕もすごく励まされたんですね。
sos_img07
東日本大震災があってから、僕なりに感じたこと、伝えたいことを、「invisible」という曲にしました。
目に見えるものより、目に見えないものに心を向けていたい

かたちあるものより、形のないものに、心をあずけたい、心奪われたい

 当たり前だと思っていた、いつまでも続くと思っていた日常が、いとも簡単に崩れ去る様子を見て、
「形あるもの」というのは、この目で見ることができるし、手で触れることができるから、わかりやすいかもしれないけども、
でも、本当の意味で僕達が望みを託すことのできるもの
例えば、生きる意味、そして、魂の満たし、目には見えないけども、私たちのこの魂が本当に必要としている愛だったり、希望だったりーを、
なにか見過ごしてしまっていないかな、と。
そう僕は、地震を通して気づかされたのです。

 

第3回「目に見えるものより・・・」
(本日の曲♪「Believe in Love」「invisible」)

再生ボタンをクリックすると、番組をお聴きいただくことが出来ます。

 

web_nabetani_bannar2
サムエルさんの活動をいつも影で支えるマネージャー・鍋谷さんが
知られざるエピソードや内に秘めた思いを当サイト限定公開!!


番組への感想をお待ちしています

番組名「Silence of Sound」 とは、「音の静寂」。

この言葉にサムエルさんは「心の声」という意味を込めたのです。

あなたの「心の声」をぜひお寄せください。

 ご感想はこちらから>>