第1回 Silence of Sound へようこそ

僕は詩編のダビデの詩が大好きです。
彼は王様で国を治める立場にある人なのに、
すごく自分の内面と向き合ったり、自分の弱さに葛藤したりする。

 

僕も、辛い時とか苦しい時とかいろんなことを葛藤している時に、
すごく自分と正直に向き合える気がするんですね。
それが天へあげられて、自然と祈りをささげる中でよく曲が生まれるんです。

 

今日は、「Let me hear the voices 」という曲を一緒に聞きましょう。

 

実は、僕は、アメリカに、大学時代留学をしていたんですけど、
帰国して、日本でまだやることも見つからずに、家で悶々としていた時に作った曲なんです。

 SILENCE OF SOUND1
サビの部分だけ歌詞の日本語訳をご紹介します。
いったい誰が僕と同じ色を感じ、
誰がその消えることのない美しさを吸うことができるのだろう
僕を溶かしてください 
僕が灰の中に座り、土を口にするときに、
そしてあなたの声を聞かせてください

「僕が灰の中に座り土を口にするときに」っていう部分は、ヨブ記を読んでインスパイアされた気がします。

ヨブは、すごく普通の人には考えられないようなとてつもない家族の死とか、財産が全部奪われるとか、自分の体に病気が出来るとか、そういう試練にあって、その中でも彼は遂には神様を信頼する。

 

そんな彼の生き様にすごく感動をうけて、この詩を書きました。

 

第1回「Silence of Soundへようこそ」
(本日の曲♪「Let me hear the voices」「Believe」)

再生ボタンをクリックすると、番組をお聴きいただくことが出来ます。

 

web_nabetani_bannar2
サムエルさんの活動をいつも影で支えるマネージャー・鍋谷さんが
知られざるエピソードや内に秘めた思いを当サイト限定公開!!


番組への感想をお待ちしています

番組名「Silence of Sound」 とは、「音の静寂」。

この言葉にサムエルさんは「心の声」という意味を込めたのです。

あなたの「心の声」をぜひお寄せください。

 ご感想はこちらから>>