第10回 とにかくナメられちゃいけねえ。

最初は、居酒屋で流しみたいなことをしてたんだけど、
それまでは一日誰とも喋らない日さえあったから、
そのお店の人たちとがんばって友達になったりして。CCF_000021

でも本当は、お父さんがウツになっちゃったこととか・・・

しかも、誰もオレの歌なんて聞いてくれやしない・・・

そんな時、オヤジが急死。
自分自身東京で身を立てるのも必死なんだけど、取り乱したくないっていうのかな。
人がひとり亡くなると、いろいろ追われるわけ。
市役所とか行きまくったりとか、いろんな手続きっていうのかな。
悲しんでる間もない。

その時はそれがある意味ありがたかった。それによって正気が保ててたからね。

その後、やっと出られるようになったライブハウスも、
ナメられたくないから金髪とかにして。

孤独だったよね・・・
悲しみを共に分かち合える人が欲しかった。

 

第10回 「とにかくナメられちゃいけねえ。
(本日のサルーキ=の曲「♪君との時間」)


再生ボタンをクリックすると、番組をお聴きいただくことが出来ます。(約12分)