第3回 はみだし者でかまわない?

中学のときにちょっといい成績とか取っちゃって、
高校は街で一番の進学校へ
行くことに。

入ったクラスは、
この人たちは勉強するために生まれてきたんだよ、みたいなところ。

そしたらボクはいきなり劣等生。

 

それで初めて、
「何のために勉強してるんだ?」

疑問がふつふつと湧いてきて、

それで、いきなり学校へ行かなくなってしまったんです。

その孤独に、ロックンロールって薬みたいに効くんですよ。

CCF_000029

尾崎豊、浜田省吾、ザ・ブルーハーツ・・・

「劣等生で十分だ」

「はみだし者でかまわない」

そういう歌を聞くと、本当にそれでいいんだ、と。

 

なんて言うか、
ロックって、弱い物の味方かもね。

イエス・キリストってね、世間でいろんなイメージありますよ。
神々しい人みたいな。

 

でも、イエス・キリストは、完全にマイノリティ
ザ・少数派ですよ

だから、ボクの中ではイエス・キリストはロックンローラーなんですけどね
ロックンローラーの頭、罪人の友ですよ。

 

だけど、そんなブルージーな高1のボクにも、また転機が訪れるわけです。

 

第3回 「はみだし者でかまわない?」
(本日のサルーキ=の曲「♪この街」)


再生ボタンをクリックすると、番組をお聴きいただくことが出来ます。(約12分)